二重

埋没法で二重まぶたの持ちを良くするには

女性と花

埋没法は、まぶたに糸を通して二重まぶたを作る二重整形になります。また、埋没法で二重まぶたの持ちを良くする方法がありますが、糸を頑固にかけるのでまぶたの腫れが出やすくなります。けれども、埋没法でまぶたを切開することはないので、切開法よりまぶたの痛みを抑えることができます。ちなみに、二重まぶたの持ちを良くする方法は、手術で使う糸の本数を増やす方法と、糸の結び目や糸が絡む箇所を増やす方法に分かれています。
埋没法でまぶたにかける糸の本数を増やすと、糸によって縛られるまぶたの体積が増えることになるので、まぶたの腫れが出やすくなります。けれども、糸で縛られるまぶたの体積が増えることにより、二重まぶたが取れにくくなります。また、糸の結び目を増やす方法と糸を絡める箇所を増やす方法も、糸で縛るまぶたの体積を増やすので二重まぶたの持ちを良くします。そして、埋没法では糸を結ぶ強さも二重まぶたの仕上がりに関わります。
まぶたが腫れないようにに糸を緩く結ぶと、瞬きをすることで糸の結び目に影響が出やすいので、皮膚やまぶたの裏から糸が出る可能性が高まります。そのため、まぶたにしっかり食い込んだ二重まぶたにならないので、二重まぶたの持ちが悪くなります。また、糸を強く結び過ぎるとまぶたの腫れが出るので、糸が食い込むので取れやすくなります。埋没法の際に糸で縛るまぶたの体積を増やせば、二重まぶたの持ちが良くなります。

update information

二重整形におけるメンタル面の変化とは?

二重整形というのは瞼を二重にする手術であり、少なからず手術を行う対象はそのことに対しコンプレックスを感じています。二重整形を行い、一重が改善されることでメンタル面がポジティブになる人が多いのですが、稀にこの手術結果では満足がいかず、行き過ぎた手術を行ってしまう人もいます。こういった方は一重というコンプレックスが密接に人生と関わっており、辛い思いをしてきた方がほとんどです。そのような方のメンタルチェックを…

眠る女性